Google

【スポンサーサイト】

ニューモデル マツダ

新型SUVの名称は「CX-30」!マツダがジュネーブモーターショーで発表

マツダがジュネーブモーターショーで新型のコンパクトSUVを発表しました。この新しいSUVの名称は「CX-30」。この新型SUVのトピックスを見てみたいと思います。

新型コンパクトSUVの名称は「CX-30」

先にマツダからティザー画像が発表されていた謎のSUVと思われる新型車がジュネーブモーターショーで初公開されました。その新型車の名称は事前に噂されていた「CX-4」等ではなく、なんと数字部分が二桁になった「CX-30(サーティー)」。

そのエクステリアは既に発表済となっているMAZDA3と同じようにキャラクターラインを廃し、面で構成され従来モデルよりも塊感を感じさせる次世代の魂動デザイン。グリルしたのシグネチャーウイングも現行モデルよりより存在感を増しています。

車格はCX-3とCX-5の中間

事前の予想などでは、アクセラクラスのSUVである「CX-4」か?などと言われたりもしていましたが、その予想はあながち外れではなかったようです。なぜ「30」という数字になったかなどは現時点では不明のようですが、実際サイズは下記のようにCX-3とCX-5の中間となっています。

【マツダ SUVモデルのサイズ(全長×全幅×全高)】
CX-30:4395×1795×1540mm
CX-3:4275×1765×1540mm
CX-5:4545×1840×1690mm

なお、ホイールベースも全長と同様に10cmほど延長されているようで、車内スペースもCX-3よりゆとりのあるものになりそうです。

磨き上げられた技術や感性

マツダCX-30

このCX-30では、先に発表されたMAZDA3同様、新世代車両構造技術のSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)を採用、運転をより楽しい体験へと導く「感性工学」や新設計シートなどにより、単純な走り以外の部分での人馬一体感が磨き上げられているとのこと。

日本仕様はまだ不明ですが、欧州仕様の搭載エンジンは2.0Lの直噴ガソリンエンジン、現行CX-3と同様の1.8Lディーゼルエンジン、現状では未発売のスカイアクティブXの3種類が用意されているようです。

その他、既にCX-3などにも導入済みの先進安全装備をはじめ、ドライバーのまばたきの頻度や顔の向きなどから居眠りを検知したり、視線の方向や動きから脇見を検知したりするドライバーモニタリングなども搭載されます。

日本導入時期や価格などは現時点で発表されていませんが、CX-3では少々小さく、CX-5では少々大きいと言われていたことを考えると、価格次第では大ヒット商品となりそうです。詳細情報の発表および発売が今から楽しみですね。

関連コンテンツ

【おススメ記事】

1

日々のニュースの中で時々取り上げられている煽り運転による事故。これだけニュースで取り上げられ問題視されているにもかかわらず、相変わらずこういった事故が起きている事に驚きます。 そして、確率の大小はあれ ...

タイヤ空気圧モニター(TPMS)が電波法違反!? 2

先日、輸入もののタイヤ空気圧モニター(TPMS)をネットショッピングで購入し、使用をしていたのですが、当該商品は電波法違反の可能性があるという指摘を受けてしまいました・・・。 タイヤ空気圧モニター(T ...

事故による車両破損(普通車) 3

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

-ニューモデル, マツダ
-,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2019 All Rights Reserved.