Google

【スポンサーサイト】

ニュース

フォードに続きクライスラーも!2018年には日本国内販売から撤退?

アメリカ発祥の自動車メーカーであり、かつてはゼネラルモーターズ、フォードモーターと共にアメリカ自動車メーカーのビッグ3とも呼ばれたクライスラー。昨年、同じくビッグ3に数えられていたフォードが日本市場から完全撤退をしたのも記憶に新しいところですが、今度はクライスラーも日本国内市場からの撤退を検討しているようです。

数々のメーカー・ブランドとの合併等を繰り返し、2009年には経営破たん、現在はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の完全子会社となって現在に至るクライスラー。国内販売台数は、1996年にピークの1万7404台を販売したものの、2016年には約60分の1の283台に落ち込み最早の日本国内ではほぼ存在意義を失っていると言えるのではないでしょうか。現在、クライスラーとして販売継続りている車も「300」シリーズのみとなっています。

スポンサーリンク

そんな現状から、2018年にも日本国内での販売を終える方向で検討しているようです。トランプ大統領は「アメ車が売れないのは日本のせいだ」などと発言し、物議も醸していましたが、いよいよ日本市場におけるアメリカ車の存在は風前の灯となってしまいそうです。

今回の撤退は純粋なクライスラーブランドのみで、クライスラーの1ブランドであるJEEPは残ると思われますが、他にそれなりに日本でメジャーと言えば、後はシボレー位でしょうか。燃費や維持費ばかりに目がいく日本市場では、アメ車の生き残りは厳しいかもしれませんね。それではここで、過去発売されたクライスラーの主要モデルを振り返ってみましょう。

クライスラー300C、300(2005年~)

近年の日本で比較的なじみのある車種といえば、この「300」シリーズではないでしょうか。現在は、「300」と「300S」というモデルとして販売されています。イカつい風貌から、ちょっとガラの悪い若者などにVIP系として支持されている車というイメージですね。

イプシロン(2012年~2014年)

photo credit: Eddy CJ Chrysler Ypsilon via photopin (license)

900ccのエンジンを搭載し、ヨーロピアンな雰囲気を漂わせるコンパクトカーで、ランチア イプシロンの日本市場向け商品となります。デザインなどもそれほど悪くないと思いますが、中途半端な排気量などもあってか日本市場では振るわず、短命なモデルとなってしまいました。販売終了後は、フィアットブランドの500Xとクライスラーのブランドの1つであるジープのレネゲードが後継車にあたるようです。

PTクルーザー(2000年~2010年)

クライスラーのモデルとしては最多販売の部類と思われる「PTクルーザー」。ネオンをベースに開発されたものの、こちらは古き良きアメリカンといった風貌でちょっとクラシカルなデザインでした。日本車には無いデザインで、一時期はかなり人気があったような記憶があります。ソフトトップのカブリオレモデルもありました。

クロスファイア(2003年~2008年)

photo credit: Pauls Imaging Photography Chrysler Crossfire 3.2ltr @Oulton Park via photopin (license)

マニアックでクライスラーとしては珍しいスポーツカータイプ。日本でこの車の事を知っている方はそう多くないのではないでしょうか。基本的に中身はメルセデス・ベンツの初代SLK320となっており、見た目のイカつさとは裏腹にダンナ仕様な乗り味でした。

私自身これにちょいちょい乗っていた時期があったのですが、各所のつくりはアメ車らしく雑そのもの(笑)。画像のクーペモデルとオープンタイプのロードスターがありました。

今後のアメ車はどうなってしまうのか

以上、主要なクライスラーのモデルを紹介させていただきましたが、他にも「グランドボイジャー」「ボイジャー」「ネオン」などの車種がいくつかあったクライスラーですが、現在の市場にマッチするようなモデルをほとんど持っていないのが致命的といえるでしょう。

世間では、燃費重視の車やSUV全盛ですので、日本市場で多少なりとも販売が見込めるのはJEEPブランドの車くらいではないでしょうか。私自身は「シボレーコルベット」などのいわゆるアメリカンマッスルなスポーツカーも好きですが、やはり購入となると今時6000ccもあるような車は少々ハードルが高すぎると言わざるを得ません。

そういったアメ車たちが次々と日本市場から姿を消していくのは寂しい気もしますが、これも時代の流れとして仕方ないのかもしれません。かつては隆盛を誇った恐竜が絶滅してしまったように・・・。

関連コンテンツ

【おススメ記事】

1

日々のニュースの中で時々取り上げられている煽り運転による事故。これだけニュースで取り上げられ問題視されているにもかかわらず、相変わらずこういった事故が起きている事に驚きます。 そして、確率の大小はあれ ...

タイヤ空気圧モニター(TPMS)が電波法違反!? 2

先日、輸入もののタイヤ空気圧モニター(TPMS)をネットショッピングで購入し、使用をしていたのですが、当該商品は電波法違反の可能性があるという指摘を受けてしまいました・・・。 タイヤ空気圧モニター(T ...

事故による車両破損(普通車) 3

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

-ニュース
-,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2019 All Rights Reserved.