Google

【スポンサーサイト】

カーライフ ショッピング 動画 商品レビュー

「VIOFO A129Pro Duo」ドライブレコーダー取り付け&商品レビュー

ドライブレコーダーも国内・海外各社から様々なものが発売されていますが、今回は前後2カメラタイプの「VIOFO A129Pro Duo」の取り付けと商品レビューをお届けします。

4K対応のハイスペックタイプの海外製品

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

今回ご紹介するのは、VIOFOの「A129Pro Duo」という前後2カメラタイプのドライブレコーダー。最近は煽り運転の録画もしっかりできる2カメラタイプが多くなってきましたが、こちらもその2カメラタイプ。

そして、製品の最大の売りがフロント4K UHD、リアがFHDの高画素数タイプであること。これによりフロントは3840×2160px、リアは1920×1080pxという高解像度の動画を録画することが可能です。また最近は多くの製品で採用されているソニー製のセンサーを採用しています。このSONY製のスタービスセンサーをフロントとリアカメラ両方に搭載することにより、街灯が少ない暗い場所でも従来製品よりも明るく鮮明に録画できるとのことです。

充実のパッケージ内容

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

パッケージはSDカードさえ用意すればすぐに使えるオールインワンパッケージ。車両備え付けのシガーソケットを使用するのであれば、別途何かのパーツを買い足す必要もありません。内容物は画像の通りで、カメラ本体の他に電源接続ケーブル、各種ケーブル、SDカードリーダー、ケーブルクリップ、予備の両面テープなどが付属します。

また、海外製品ではマニュアルがとても簡略化されたものであったりするものが多いのですが、こちらの製品は価格も相応のハイスペックモデルということもあり、パッケージ箱からマニュアル(英語)までかなりきちんとしています。保証カードにいたっては日本語対応のものが付属しています。

シガーソケットはUSB 2ソケットタイプなので、ドラレコ接続しても空いているもう1つで携帯充電用のUSBケーブルなども接続できて使い勝手の良いものとなっています。

使いやすいフロントカメラユニット

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

本製品はフロントカメラユニットが液晶画面一体型のものとなっており、画像のように録画中でも映像を確認することができます。また、PiP(ピクチャーインピクチャー)機能によりフロント映像の隅にリアカメラの映像も同時表示可能です。これは切り替えが可能で、フロント+リア(PiP)、リア+フロント(PiP)、フロントのみ、リアのみという4パターンから選択も可能です。

ボタン類はクリック式のハードスイッチで、ボタンに機能内容も印刷されておりとても分かりやすいところも好感が持てます。液晶画面内にも現在の録画画質、録画状態や録画時間、日付などが分かりやすく表示されています。

また、本製品はWi-Fiによる無線通信にも対応しており、スマホに専用アプリをインストールすることによりスマホで撮影動画や画像を閲覧したり、各種機能の詳細な設定をすることが可能です。スマホアプリについてはYouTubeチャンネルで操作画面を説明していますので、そちらをご覧いただければと思います。

画質はさすがの上位クラス

それでは、日中のどうがおよび夜間の録画映像を順番に見ていきたいと思います。

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

日中のフロントカメラ映像

 

まずは日中のフロントカメラ映像。発色も自然で解像感も十分です。すれ違いの対向車のナンバーや各種標識・看板の文字も映像を静止すればしっかりと読めるレベルです。

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

日中のリアカメラ映像

続いてリアカメラですが、こちらもFHD画質ということで十分な解像感が得られており、ナンバーなどの視認も可能です。ただ、車のリアガラスのスモークの子さによっては少々鮮明さに差が出るかと思いますので、そのあたりは予め考慮をしてください。なお、この撮影をしたE250クーペのリアガラスは外から中がほぼ見えないくらいのスモークの濃さですので、参考にしていただければと思います。

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

夜間のフロントカメラ映像

続いては夜間のフロントカメラ映像です。撮影地が街灯もろくにないかなりのど田舎ですが、ヘッドライトで照らされている明るい場所は十分綺麗に撮影できています。

対向車のナンバー視認に関してはスピード次第といったところでしょうか。相互に40km/h以上出ているとはっきりとナンバーを判読することは厳しいかもしれません。ただ、これは現時点でどんなドラレコでもほぼ同じことがいえると思いますので、A129Pro Duoに限ったことではないかと思います。

VIOFO A129Pro Duo 前後2カメラ式ドライブレコーダー

夜間のリアカメラ映像

最後に夜間のリアカメラ映像です。田舎道では街灯も何もなくヘッドライトでも照らされないので、かなり暗い映像になってしまいますが、このようにある程度明かりのある場所であれば十分なレベルの映像が得られます。ですので、都会などの比較的明るい地域であれば何も問題がないのではないでしょうか。

以上、簡単なレビューにはなりますが「VIOFO A129Pro Duo」を紹介をさせていただきました。全体的に機能・性能、使い勝手など、ハイクラスの位置付けになる製品だと思います。国産製品のハイクラス製品と同価格帯でより高解像度の製品を探している方は特に検討してみてはいかがでしょうか。

より詳細な内容はYouTubeチャンネルの動画もぜひ合わせてご覧ください。

関連コンテンツ

【おススメ記事】

1

日々のニュースの中で時々取り上げられている煽り運転による事故。これだけニュースで取り上げられ問題視されているにもかかわらず、相変わらずこういった事故が起きている事に驚きます。 そして、確率の大小はあれ ...

タイヤ空気圧モニター(TPMS)が電波法違反!? 2

先日、輸入もののタイヤ空気圧モニター(TPMS)をネットショッピングで購入し、使用をしていたのですが、当該商品は電波法違反の可能性があるという指摘を受けてしまいました・・・。 タイヤ空気圧モニター(T ...

事故による車両破損(普通車) 3

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

-カーライフ, ショッピング, 動画, 商品レビュー
-,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2020 All Rights Reserved.