【スポンサーサイト】

ニューモデル マツダ 試乗・インプレッション

【みっちー@ぶどう農家の激辛レビュー】マツダ アテンザワゴン(2018MCモデル(ディーゼル))

更新日:

ガソリンエンジンのセダンは試乗済みのアテンザだが、今日はディーゼルのワゴンに乗ってみた。先の投稿で、エンジンなんかなんでもいいんじゃね?って書いたが、実際その通りだった。

アテンザワゴンもしっかり変わった

マツダ アテンザワゴン 2018MCモデル

マツダ アテンザワゴン 2018MCモデル

CX-8/CX-5で確認したアクセルの付きの良さは相変わらずで、速度コントロールがしやすいし、アクセルを踏み込んだときの加速感も非常にジェントル。トルク感や力強さはしっかり感じるのに、暴力的なところが全くない。強いて言えば、大排気量のNAエンジンみたい。

音も静かなので(気のせいかもしれないが、排気音はガソリンエンジンより静か)余計に滑らかに感じる。音振に関して、セダンより不利なワゴンなのに、そのネガが一切ないのは立派。旧型と比べると明らかに違う。実質トルクの大小はあれど、やはりエンジンは主役ではない。好みや走行距離で選べばいいという感想だ。

セダンとは異なるワゴンの動き

マツダ 「アテンザセダン 25S」 2018MCモデル

マツダ 「アテンザセダン 25S」 2018MCモデル

セダンより全長もホイールベースも短いことで、乗り心地や操縦性には違いがある。取り回しが少し楽になる。コーナリングも少し機敏な感じで、交差点で曲がるときには、若干ステアリングを切る量が減る(インベタで直角に曲がって指2本分ぐらい)。ロール感も含めて、個人的にはワゴンの動きのほうが好みだ。

直進時の安定感はセダンのほうが高い。細かなピッチングもワゴンは若干増えるが、気になるほどではない。フラットな乗り心地はほとんど変わらない。ハーシュネスもよく抑え込んでいて、荒れた路面でも不快な突き上げやゴツゴツ感はほとんどない。総じて洗練度は旧型よりワンランク上で、セダンとほぼ同等(どっしり感の分セダンがちょっと上か)だと思う。

スポンサーリンク

乗って分かる気持ち良さ

静かで、全ての動きが滑らかで、尖ったところがない…というとクルマ好きほどつまらないと思われがちだが、普段真逆のクルマ(ユーノス ロードスター)に乗っている身としても、物足りなさはほとんどない。もちろん開放感や爽快感などはロドに比肩し得ないし、求める走りは全く異なるが、操る感覚は両者通じるものがある。すなわち気持ち良さだ。

ロドの気持ち良さ、特にハンドリングについていうと、実はスイートスポットは狭い。ガタピシのボディと、ともすればナーバスなステアリング特性、荒い回転フィールといったネガが消し飛ぶ一瞬がある。今思ったとおりに走れたと感じる一瞬だ。今のコーナーは気持ちよかった。

今の加速は気持ちよかった。今のブレーキングはヒール&トゥも決まって気持ちよかった。そうした一瞬、クルマとの一体感を感じる一瞬が濃密にドライバーに伝わることで、ドーパミンが分泌されるのだろう、ロードスターは愉しいのである。麻薬みたいなもんだ。

アテンザは心地よいクルマ

マツダ アテンザワゴン 2018MCモデル

マツダ アテンザワゴン 2018MCモデル

アテンザには濃密な一瞬はない。濃密ではない気持ち良さが常に持続すると言えばいいのだろうか。走る曲がる止まるの三要素が人間の波長に合った動きをする。ロードスターの気持ちいい一瞬の動きと同じだ。それが継続する。気持ち良さのピークは違っても質は同じではないかと思う。

刺激はいつか慣れるが、気持ち良さの総和に限界はない。刺激を求める者には快感だが、そうでないと不快だ。ジェットコースターは更なる刺激を求めて進化したが、あの刺激(加速やGの変化、恐怖感)が苦手な人には、乗ってみたいとも思わないほどに突き抜けてしまった。

スポンサーリンク

あなたが気持ちいいと思っているクルマは、果たして同乗者も同じく感じているだろうか。不快と感じてはいないだろうか。もしそうなら、その気持ち良さは刺激の部類である。刺激には好みがある。ある人には無価値であり、つまり取捨選択の余地がある。

全員が気持ちいいと感じるとき、それは「心地良い」と表現される。心地良さを捨て去るような人がいるだろうか?

マツダ 「アテンザ」 2018MCモデル

マツダ 「アテンザ」 2018MCモデル

アテンザは(最近のマツダ車は)心地良いクルマである。動きの波長が人間が心地良いと感じるそれに合っている。だから怖さや不快を感じることが少なく、気持ちいいと感じる。これが加加速度(Jark)の研究成果であり、ロードスターと共通する人馬一体感であろう。

セダンの試乗の際に気に入らなかったレーンキープアシストも、これなら邪魔にならないと感じた全車速追従対応レーダークルーズコントロールも、将来的には完全自動運転の基本になる技術のひとつだ。Jarkの成果はまだ万全とは言えないが、近い将来自動運転が当たり前になったときには、心地良さにおいて大きな役割を果たすだろう。繰り返すが、これからのクルマは「感」がすべてだ。

車とぶどうをこよなく愛する男。その異常とも言えるほどの愛の深さ故、その愛がしばしば毒に変わることも。愛車はNAロードスター。

【おススメ記事】

スズキ 新型ジムニー 1

今回は、巷で大変噂になっているスズキの新型ジムニー。プロアマ問わず絶賛されているこの車の実力は如何に!? 愛され続けているジムニー スズキ 新型ジムニー 道具はシンプルで考え抜かれたものほど手に馴染み ...

マツダ CX-8 2

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

BMW 6シリーズ 640i グランクーペ 3

この度、ワタクシ中古車を購入いたしました。車選びに当たっては、大手中古車サイトを散々みたりした訳ですが、皆さんは中古車選びの際にどんな点を気にしますか? 距離や年式、修理歴なんていうのも中古車選びの条 ...

-ニューモデル, マツダ, 試乗・インプレッション
-, , , ,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.