【スポンサーサイト】

ニューモデル マツダ 試乗・インプレッション

【みっちー@ぶどう農家の激辛レビュー】マツダ CX-5(2018MC ガソリンモデル)試乗

投稿日:

毎年、進化させたイヤーモデルを発売しているマツダ。今回はマイナーチェンジで追加されたガソリンのターボエンジンを搭載した25Tというモデルをみっちーが試乗してきました!

ガソリンターボエンジンの新モデル

マツダ CX-5 25T L-Package

マツダ CX-5 25T L-Package

ダイナミック・プレッシャー・ターボ(DPT)を搭載したCX-5に試乗した。スペックから大凡の予想はついていたが、やはりディーゼルのようなトルク感だった。試乗車は下ろしたての25T L-PackageというグレードのAWD。

最新のターボならば当たり前だが、ターボラグは感じられないし、元々排気量が2.5ℓあるので、過給が始まらない発進時にも力不足ということはない。空気量に余裕があるお陰で、自ずとアクセルを踏む量も少なくなるから、一番燃費が悪くなりがちな発進時にも、余計に踏み込む必要がなく、同乗者にも環境やお財布にも優しい運転が最初からできる。

ターボが効き出すのが明らかにわかるのは、1,200〜1,300rpm辺りから。420Nmの最大トルクは、その直ぐ上2,000rpmで発生することもあって、加速は力強い。アクセルを半分も踏み込めば、あっという間にスピード違反だ。1620kgの車重を意識することはない。ただ、音が静かってこともあるのか、同じトルクを発生するディーゼルほどの迫力はなく、至って平和な力強さではある。

マツダ CX-5 25T L-Package

マツダ CX-5 25T L-Package

一旦スピードが乗って速度一定(60km/h)のクルーズに入ると、燃費も良さそう。瞬間燃費計で20km/Lを普通に上回る。そこからの再加速も、もたつきがなくスムーズで、大排気量の自然吸気エンジンみたいだ。

ダウンサイジングターボの中には、ここでタイムタグがあったり、ギアチェンジしたりして、もたつくクルマも割とある。過給音もほとんど聞こえない反面、静かな分、タイヤのノイズはちょっと気になる。音楽でも聴いていれば全く問題ないが。

スポンサーリンク

アクセルを極僅か戻して速度調整するときのレスポンスもいい。グッと加速して、ジワっと戻してみても、過給がオーバーシュートして速度が上がり続けることがない。スピードコントロールは非常にしやすい。

吹け上がりはスムーズで段付きもないが、鋭いというより、太いトルクがスピードを乗せていく感じで、この点も大排気量のNAエンジンみたいだ。唯一気になったのは、アクセルを全閉にして回転が下がる過程の2,000rpm前後で、こもり音が若干出ること。これも音楽でも流していれば、感じられない程度だが。

気になる「新Gベクタリングコントロール」

マツダ CX-5 25T L-Package

マツダ CX-5 25T L-Package

もうひとつ気になるのはG-Vectoring Control Plus。今までのGVCでも充分に曲がりやすく、安定していたので、これ以上機能追加して、意味があるのか、違いがわかるのか。

コーナーに入る。アクセルをグッと踏み、加速しながら立ち上がる。思ったラインの載せやすいのは、今まで通り。ブレーキ制御は、立ち上がりでロールが戻るときの揺り戻しを抑制して、姿勢を安定させるために働く。が、違いがよくわかりません( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

なんとなくお釣りが少なくて、立ち上がりの姿勢が良いような気はするけど、これはPlus有りと無しを乗り比べないとわからない。それも、強引なダブルレーンチェンジして初めて有意な差になる気がする。ブレーキの介入も全くわからないので、普通の人は、なんだか知らんが運転が楽ってレベルの感想で終わりそう。それこそがテクノロジーの正しい使い方ではあるが。

これもなんとなくだけど、乗り心地がさらにフラットになった感じがする。ダンピングの収束が早く、落ち着きがある。アクティブサスペンション付きのクルマが、こんな感じだ。もともとの良さはもちろんそのままで、より洗練された乗り心地って感想。

新エンジンのフィーリングはいかに?

マツダ CX-5 25T L-Package

マツダ CX-5 25T L-Package

運転を代わってもらって、助手席へ移る。ターボの過給音は助手席だと聞こえる。タービンの位置のせいか?もちろんうるさい訳ではない。タコメーターを横から見ながら耳をすますと、やはり過給は1,000rpmちょっとのところから掛かっている感じ。

下ろしたての新車なのに、ギアホールドでフル加速までしてくれたから、パワーの出方もなんとなくわかった。最高出力230psを発生する4,250rpm(なんとディーゼルエンジンよりも低い回転数)をさっさと素通りして、6,000rpmまできっちり吹けきる。パワーダウンの傾向も感じられない。

AWDのおかげなのか、加速姿勢もフラットで、タイヤが路面を噛むのがお尻に伝わってくるから、怖さは全くない。このときの排気音も低音が効いているが、静かな部類に入る。物静かで力持ちの紳士といったところか。

スポンサーリンク

総じてDPT付きのCX-5も、快適でリズムのいいクルマだった。このエンジンでパワー不足を感じることは、まずあるまい。高速道路や山道も走るからパワーは欲しいけど、そうしょっちゅう遠出もしないし、かといって街乗りばかりでもない。ディーゼルをイメージ的に敬遠してしまうが、力強さは欲しい。そんな人に向く気がする。

街乗り主体なら、NAのガソリンエンジンで充分だし、長距離乗るならディーゼルの力強さと経済性が向く。マツダも、なにもここまでトルク特性や価格を、ディーゼルに寄せなくてもいいのに。

新たなステージを迎えるマツダの商品群

価格はほとんど同じ類の部品を使っているから、仕方ないが、お客さんは迷うだろう。ただ、どのエンジンを選んでも、流麗なデザインと、抜群の乗りやすさが手に入るのは間違いない。

間近に迫ったMazda3の発表を前に、新たにガソリンターボエンジンを追加したのは、ディーゼル一辺倒で見られがちなマツダも、ガソリンエンジンに同等以上の力を入れているというアピールでもあると思う。

せっかくのSKYACTIV-Xが出ても、主役がディーゼルだけだと思われては、それも寂しい。
公表されているロードマップによると、第2世代SKYACTIV-Dが登場するのは2020年。これからはダブルキャストで行くシナリオだ。

車とぶどうをこよなく愛する男。その異常とも言えるほどの愛の深さ故、その愛がしばしば毒に変わることも。愛車はNAロードスター。

【おススメ記事】

BMW 640i グランクーペ & ポルシェ パナメーラ 1

先日、静岡県裾野市にある宿泊研修施設「帝人アカデミー富士」で車関係のお友達の皆さんと愛車の素敵な写真を撮影してきました。今回は、撮影してきた画像をフォトギャラリーにご紹介したいと思います。 有名なメタ ...

事故による車両破損(普通車) 2

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

マツダ CX-8 3

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

-ニューモデル, マツダ, 試乗・インプレッション
-,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.