Google

【スポンサーサイト】

エンターテインメント ニュース

ボッシュが国際カンファレンスで、人工知能搭載の自動運転用コンピューターを発表

自動車部品の開発・製造・販売等を行うBOSCH(ボッシュ)は、この度ベルリンで開かれた「Bosch ConnectedWorld 2017」国際カンファレンスにおいて、自動運転車両用のオンボードコンピューターを発表しました。このオンボードコンピュータは人工知能(AI=Artificial intelligence)を備えており、複雑な交通状況や車両にとって初めての環境や状況であっても、自動運転時の車両をより安全に制御できるように開発を進めているそうです。

ボッシュ取締役会会長のフォルクマル・デナーによると、現在このAIに自己判断で走行する術を教えているところで、既に車両のセンサーで周囲の状況をモニターできるところまではできているそうです。次の目標は、このAIを利用してセンサーが把握した周囲の状況などを解釈し、他の走行車両などの次の動作を予測できるようにする事とのこと。

スポンサーリンク

また、ボッシュはこのようなAIを使ったオンボードコンピュータが2020年代には量産化され、ドライバーレス車両が日常生活の一部になると予測しています。さらにこういったコンピュータ技術の導入により、オドメーターの不正操作を防止したり、通信ネットワークを用いて車両の故障情報などを修理工場へと即座に連絡したりと、様々な展開も考えているようです。

人工知能を搭載した車というと、私などは今でも熱狂的なファンがいるアメリカのテレビドラマ「ナイトライダー」の「ナイト2000」通称「キット(K.I.T.T)」を思い出してしまいます。きっと同世代の方もそうではないかと思います。

1982年にアメリカで放送開始された当時、当時の子供たちが熱狂し、まさに夢の車だった「ナイト2000」。あれから30年以上経った今、あんな人工知能がそう遠くない将来に現実のものになるかもしれません。

関連コンテンツ

【おススメ記事】

1

日々のニュースの中で時々取り上げられている煽り運転による事故。これだけニュースで取り上げられ問題視されているにもかかわらず、相変わらずこういった事故が起きている事に驚きます。 そして、確率の大小はあれ ...

タイヤ空気圧モニター(TPMS)が電波法違反!? 2

先日、輸入もののタイヤ空気圧モニター(TPMS)をネットショッピングで購入し、使用をしていたのですが、当該商品は電波法違反の可能性があるという指摘を受けてしまいました・・・。 タイヤ空気圧モニター(T ...

事故による車両破損(普通車) 3

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

-エンターテインメント, ニュース
-, , ,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2019 All Rights Reserved.