【スポンサーサイト】

エンターテインメント 雑学

人並みの平均年収で高級車・スーパーカーは買えるのか!?①

投稿日:

高級車やスーパーカーは男の夢。皆がそうでは無いかとは思いますが、平均的なサラリーマンでもいつかはそんな車を所有したい、と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、現実的には簡単に実現できないのが悲しいところ。

では、実際に平均的な年収のサラリーマンはそういった車を手にするのは不可能なのでしょうか。また、どんな方法を使えば、高級車・スーパーカーを買う事ができるのでしょうか。今回は、ワタクシの持論を基に己の経済力の限界をもって車を購入する方法を考えてみたいと思います。

車を購入する際の基本的な支払方法

まずは車を購入する際の基本的な支払い方法を考えてみたいと思います。基本的には「現金一括購入」「ローン」「リース」のいずれかを利用する事になりますが、それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

【現金一括購入】
ローンなどに対して借金はイヤという価値観をお持ちの方もそれなりにいるかと思いますが、高級車を購入するとなると、平均的年収のサラリーマン「現金一括購入」するには目的額を貯めるまでに相応の年数を要してしまいます。

「現金一括購入」のメリットは「借金をしなくてよいので後の精神的負担がない」「金利が必要ない」「車両が自己所有になるのでいつでも売却などできる」などのメリットがあります。しかし、欲しいと思ってから貯金するのでは欲しい車が買えなくなる可能性があるというのが最大のデメリットです。

【ローン】
銀行や信販会社から借金をして車を購入する方法です。当然ながら貸す側は金利で儲けますので、借りた側は購入に必要な金額(元本)に利息を付けて返済しなければなりません。

メリットは、手元に全然お金がなくても欲しい車が購入できる可能性がある事、デメリットは金利分余計にお金がかかる事、ローン会社で借りた場合は所有権がローン会社に付くので勝手に車を処分したりすることができない、補償の効かない理由で車両が使用不能(全損等)した場合にローン支払いだけが残る、などが考えられます。

【リース】
以前はリースというと法人が利用するものというイメージもありましたが、現在は個人リースも多くあり、基本的にローンと利用方法に大差はありません。おおざっぱにローンと違うのは、リースの場合、リース会社が所有管理している車を借りるイメージになるという事です。

ある意味レンタカーを長期借りるような感覚でしょうか。消耗品を除く車両のメンテナンス・整備費もリース料に含まれているため、車両利用者は燃料費と消耗品関連の整備をすればいいため、想定外の修理などが発生した際に突然の出費を強いられることなく維持費が予想しやすいというメリットがあります。

逆にデメリットはローンよりも厳しい車両の利用に関する制限が発生する事です。改造なども基本的に不可ですし、走行距離、サーキット走行など通常走行用途以外も制限があるかと思います。通勤、ショッピング・レジャーなどの通常用途に制限されるので、趣味の車には不向きかと思います。

ローンはどれくらいの金額を借りられる?

アストンマーティン V8ヴァンテージ

基本的な車の購入方法、メリット・デメリットを書いてみましたが、では、なるべく高い金額の車を購入するにはどの方法がベストでしょうか?

やはりこれは「ローン」という事になるかと思います。数年前までは一般的にカーローンは最大で返済期間が7年までというものが多かったのですが、現在は最長10年120回までというものも増えています。

したがって、月5万円平均の返済(金利含まず)と考えた場合、5万円×12ヶ月=年間60万円で7年なら420万円、10年なら600万円がおよそ借り入れ可能な額となります。

スポンサーリンク

後は、借入者の年収や信用度合いによって借入金額の限界が決まってきます。基本的な目安としては、5~7年の返済期間の場合は年収額程度まで、10年となるとその制限がある程度緩和され、年収の1.5倍程度まで借りられると言われています。

また、銀行系と信販系ローン会社では審査の厳しさが全く異なります。基本的に信販系ローン会社の方が審査が甘く、上記のような借入金額の限界がおおよそ適用されます。それに対し、銀行系はかなり審査が厳しく、同じ人が信販系と銀行系で審査をしても銀行系は信販系の半額程度しか借りられない事もよくあります。

自動車購入 マイカーローン

なお、過去にローン支払いやクレジットカード支払いで遅延をしたりした場合は、この限りではありません。今は無担保ローンが主流となり、信用情報会社にて過去の取引情報が全て共有されていますので、遅延などを起こした場合利用者は全てのローンが利用できない可能性が出てきます。

そしてちょっと意外なのは過去にローンを利用した事がない方も高額の借り入れはしにくいという事。いくら一流企業に勤めていて収入が人並み以上でも、過去の信用情報がない人は審査が通りにくく、むしろ大した年収がなくても過去に借入と完済実績が多い人の方がローン審査は通りやすいのです。

ローンを利用するにしてもやはり信用が第一です。あくまでも社会的信用に足る真人間であることが最低条件という事ですね。

少々長くなりましたので、次回は出費を抑えつつ色々な高級車に乗る方法などについて書いてみたいと思います。

車の中でもスーパーカーを筆頭にスポーツ系や輸入車が特に大好きで、欲しいクルマは数え切れず。残りの人生であとどれくらいの数の車に乗れるだろうかと考えると、色々と悩みが尽きません・・・。

【おススメ記事】

マツダ CX-8 1

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

BMW 6シリーズ 640i グランクーペ 2

この度、ワタクシ中古車を購入いたしました。車選びに当たっては、大手中古車サイトを散々みたりした訳ですが、皆さんは中古車選びの際にどんな点を気にしますか? 距離や年式、修理歴なんていうのも中古車選びの条 ...

マツダ CX-8 3

昨年2017年末に発売になったマツダの3列シートSUV「CX-8」。ミニバン市場から撤退したマツダが満を持して送り出したポストミニバン、果たしてどんな車になっているのでしょうか。 今回は「マツダCX- ...

-エンターテインメント, 雑学
-, ,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.