【スポンサーサイト】

ニューモデル マツダ 動画 試乗・インプレッション

マツダ ロードスターRF(RSグレード)試乗・インプレッション

更新日:

マツダのロードスターRFに試乗してきました。今回試乗したのは、ロードスターRFの中でも最もスポーティーという位置付けで価格も高い「RS」グレード。ソフトトップの「S」グレードのロードスターとの違いはどうでしょうか。

マツダ ロードスターRF RS

ロードスターRFは何が違うのか?

ロードスターRFの「RF」とはリトラクタブル・ファストバックの略で、このロードスターのスタイルを表しています。先代のNCロードスターでは、電動ハードトップモデルは「RHT(リトラクタブル・ハード・トップ)」と呼ばれていましたが、今回のNDロードスターでは「RF」として、ソフトトップとは明確に別モデルの立ち位置となっています。

マツダ ロードスターRF RS

この「RF」は、美しいシルエットのために理想のキャビンをつくるというコンセプトから開発され、クローズ時のシルエットを際立たせるためにファストバックスタイルを採用、理想的なティアドロップ形状としました。NCの「RHT」のような形状だとどうしてもルーフ格納のスペースやギミック上、リアのウインドウやルーフラインが切り立った形状になってしまいます。「RF」は、オープンでもクローズでもスポーツカーらしい流れるようなシルエットを実現するために生まれたのです。

また、電動ハードトップ搭載に伴う重量増などに伴い、エンジンがソフトトップの1.5L/131馬力から2L/158馬力へと変更になっています。

もっともスポーティーな「RS」グレード

マツダ ロードスターRF RS

ロードスターRFは、「S」「VS」「RS」の3グレード構成となっていますが、今回試乗したのは、最もスポーティーで価格も高い「RS」。この「RS」は、「VS」のように装備が充実している上に、ビルシュタイン社製ダンパーやレカロ社製のアルカンターラ®素材のスポーツシートが装着されています。本体車両価格は、税込3,736,800円で6速マニュアルのみの設定となります。

それでは、次ページでは試乗してみての感想を書いてみます。試乗動画もありますので、ぜひご覧ください。

車の中でもスーパーカーを筆頭にスポーツ系や輸入車が特に大好きで、欲しいクルマは数え切れず。残りの人生であとどれくらいの数の車に乗れるだろうかと考えると、色々と悩みが尽きません・・・。

次のページへ >

【おススメ記事】

マツダ CX-8 1

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

BMW 6シリーズ 640i グランクーペ 2

この度、ワタクシ中古車を購入いたしました。車選びに当たっては、大手中古車サイトを散々みたりした訳ですが、皆さんは中古車選びの際にどんな点を気にしますか? 距離や年式、修理歴なんていうのも中古車選びの条 ...

マツダ CX-8 3

昨年2017年末に発売になったマツダの3列シートSUV「CX-8」。ミニバン市場から撤退したマツダが満を持して送り出したポストミニバン、果たしてどんな車になっているのでしょうか。 今回は「マツダCX- ...

-ニューモデル, マツダ, 動画, 試乗・インプレッション
-, ,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.