【スポンサーサイト】

ニューモデル フォトギャラリー プジョー 試乗・インプレッション

プジョーの新型SUV「3008 GT Line」試乗・インプレッション

投稿日:

プジョー3008

今回は、プジョーの新型SUV「3008」に試乗してきました。グレードは「GT Line」。さてさて、新しいプジョー3008はどんな車なのでしょうか。今回、試乗の動画も撮影してきましたので、そちらもぜひご覧ください。

非常に存在感のあるカッコいいエクステリア

まずはエクステリアですが、非常に存在感があり、カッコいいと個人的には思いました。方向的にはPSAグループとして同じ「DS」なんかと似ていますね。先進的かつ都会的デザインとでもいいましょうか、非常に新しい感じがします。

また、ボディサイズが4450mm×1840mmということもあって、存在感もあります。かなり自己主張の強いデザインでギラついてる感もありますが、某国産最大手メーカーのオラオラ系ミニバンみたいに下品さを感じさせないのが流石。

プジョー3008

ヘッドライトなどの灯火類も今風のLEDヘッドライトで、「インテリジェントハイビーム」というハイビーム自動切り替え機能を備えたものとなっています。リアゲートは電動式で、車体下につま先をかざすと反応する「ハンズフリー電動テールゲート」で、荷物を抱えている時など非常に便利かと思います。

1.6Lのツインスクロールターボエンジンを搭載

エンジンは、最高出力121kW(165ps)、最大トルク240Nm(24.5kgm)の1.6Lツインスクロールターボエンジンを搭載。このボディサイズで1.6Lって、パワー不足でチープな感じになっちゃうんじゃないの?なんて思いながら試乗しましたが、実際乗ってみるとそんな心配は全く無用でした。

しかも、車体側の防音性が高いのも相まってか非常に静か。出力の出方もとても滑らかですし、パワー不足も街乗りで感じる事はなさそうです。でも、ちょっと大人しくて物足りないと感じた時は、スポーツモード+マニュアルモードに。レスポンスもよい感じになり、パドルシフトを使いながら気持ちよくスポーツ走行感を味わう事もできちゃいます。

プジョー3008

また、3008の特徴として、AGC(アドバンスト・グリップ・コントロール)という走行シーンに応じてトルクとブレーキの制御を変え、走行中のクルマの姿勢を安定させるデバイスが備わっています。こちらは、切替ダイヤルがシフトレバーの左前方にあり、ノーマルモード、スノーモード、マッド(泥)モード、サンド(砂)モード、DSCオフと5種類のモードに切り替えられます。これにより、FFながらも高い走破性を実現しているようです。

洗練されて非常にかっこいいインテリア

プジョー3008

最後にインテリアですが、こちらは「i-Cockpit」と呼ばれる、新世代プジョーのものになっています。全体的に黒ベースでシックなのですが、ファブリックとレザー調をうまく組み合わせることによって、非常に洗練されたオシャレ感や高級感があります。

また、「デジタルヘッドアップインストルメントパネル」と呼ばれる液晶パネルによるメーターも非常に目に鮮やかでアニメーション動作なども美しく、見やすいです。表示内容は、標準的なメーターディスプレイモードから表示情報をカスタマイズできるパーソナルモードまで4つのモードを備え、ドライブの際の気分をワクワクさせます。

後は、表示されて役に立つかといえば微妙ですが、スポーツモードにするとパワー、ブースト、トルクなんていう数値を見ることができるのも、車好きの心をくすぐりますね。

そして、楕円形ステアリング。車のカテゴリ的には、ゆったり乗るタイプかと思いますが、こういった点や先の演出、スポーツモードやパドルシフトによるマニュアルモードなど、私のようなスポーツカー好きも非常に満足させてくれる一台です。

乗れば欲しくなってしまう危険な一台!?

プジョー3008
以上、簡単にプジョーの新型3008をご紹介しましたが、この車、2017年のヨーロッパ・カーオブザイヤーの座にも輝いています。私も試乗してかなり魅力的な車だと感じました。試乗して、ちょっとでも買ってもいいかも?と思える車に久しぶりに出会った気がします。

この車の魅力をざっくり述べるとすると、洗練された感じで素敵なエクステリアとインテリア、そしてどんな方が乗っても大きな不満は無いであろうバランスの良さというところでしょうか。以前試乗したマツダのCX-5などは、車としてはとてもいいと思うのですが、質実剛健というか、面白みに欠ける部分が個人的には購買までの意欲を起こさせないんですよね。

それに対し、この3008はパドルシフトとか様々な走行モード、綺麗な液晶ディスプレイや多彩な機能など、それだけでも楽しめる要素が盛りだくさんで、違うワクワク感があります。しかも、欧州車らしく、スポーティー系のユーザーに対しても抜かりないというか。

1~2世代前くらいまでのモデルまでは、どちらかというと大人しくてアナログ感が強く、日本ではマニアックなイメージだったプジョー。しかし、最近のプジョー車を見ていると、がらっと今時の車に変わり、国内の販売も伸びていきそうです。

車の中でもスーパーカーを筆頭にスポーツ系や輸入車が特に大好きで、欲しいクルマは数え切れず。残りの人生であとどれくらいの数の車に乗れるだろうかと考えると、色々と悩みが尽きません・・・。

【おススメ記事】

BMW 640i グランクーペ & ポルシェ パナメーラ 1

先日、静岡県裾野市にある宿泊研修施設「帝人アカデミー富士」で車関係のお友達の皆さんと愛車の素敵な写真を撮影してきました。今回は、撮影してきた画像をフォトギャラリーにご紹介したいと思います。 有名なメタ ...

事故による車両破損(普通車) 2

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

マツダ CX-8 3

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

-ニューモデル, フォトギャラリー, プジョー, 試乗・インプレッション
-, ,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.