【スポンサーサイト】

アルピーヌ ニューモデル

ジュネーブモーターショーで、アルピーヌの新型スポーツカー「A110」が復活!

投稿日:

2月28日、フランスの自動車大手ルノー傘下のアルピーヌが、ジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアするとされている新型スポーツカーの画像を公開しました。そして、車名は往年の名車アルピーヌ「A110」の名を冠することに決定。1963‐1977年に生産されたアルピーヌの名車の名が甦ることとなりました。

今回発表されるアルピーヌ「A110」は、2シーターのスポーツカーで、軽量化とハンドリング性能を追求するために、フルアルミ製のプラットフォームとアンダーボディを採用しています。その他の詳細は、ジュネーブモーターショー2017で明らかにされるとのことです。

スポンサーリンク

1963‐1977年に生産された、アルピーヌ A110

アルピーヌ A110

photo credit: Jamiecat * via photopin (license)

1963年にパリサロンでデビューを飾った2シータースポーツカー「A110」。かつてフランスに存在した自動車製造会社「アルピーヌ」が製造したスポーツモデルです。前身となったのは1956年に登場した「A108」で、「A110」は一回り大きくなったもののボディサイズは全長3,850mm×全幅1,460mm×全高1,130mmと今時の普通乗用車と比べるとかなり小ぶりです。

こうしてデザインを見てみると、今回発表される新型の「A110」はうまく過去の「A110」のテイストを残しつつ、現代風にうまくまとまっているのではないでしょうか。詳細スペックや価格がどうなるのか、早く知りたいですね。

車の中でもスーパーカーを筆頭にスポーツ系や輸入車が特に大好きで、欲しいクルマは数え切れず。残りの人生であとどれくらいの数の車に乗れるだろうかと考えると、色々と悩みが尽きません・・・。

【おススメ記事】

BMW 640i グランクーペ & ポルシェ パナメーラ 1

先日、静岡県裾野市にある宿泊研修施設「帝人アカデミー富士」で車関係のお友達の皆さんと愛車の素敵な写真を撮影してきました。今回は、撮影してきた画像をフォトギャラリーにご紹介したいと思います。 有名なメタ ...

事故による車両破損(普通車) 2

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

マツダ CX-8 3

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

-アルピーヌ, ニューモデル
-,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.