【スポンサーサイト】

エンターテインメント

【車でモテるをマジメに考える④】愛車や好みの車で相手の価値観を測る

更新日:

車を運転する女性

今回で4回目となる「車でモテるをマジメに考える」。今まで「好かれる車」や「嫌われる車」、都市部と地方部での車に対する価値観の違いなどについて書いてきましたが、今回は、自分が所有する、もしくは自分が欲しい車に対する相手の反応によって、相手の価値観を推測してみるということについて書いてみたいと思います。

とは言っても、基本は車を所有しているのは男性、それに対する女性の反応という前提となってしまいますが・・・。もし、これを読んでくださっているありがたい女性の方がいたら、申し訳ないのですが男性側からの独断と偏見による見方と思って、予めご了承いただけると幸いです。

車のタイプの好き嫌いで見える、女性の価値観

【車でモテるをマジメに考える②】で書いた「好かれる車」「嫌われる車」の中で嫌われる車として挙げた、汚い車。これは、恐らく普通の感性を持っている方なら誰しも納得できる「嫌われ車」という事で異論はないかと思いますが、それ以外でランキングなどで乗りたくない車として挙がってくる「スポーツカー」「高級車」「オープンカー」「軽自動車」等はどうなのでしょうか。

スポーツカーやオープンカー、軽自動車などは積載性や乗降のしにくさなどの実用面での難点があるのは否めないので、まあ、多少なりとも理解できなくない部分はあるのですが、高級車が嫌とか言われると「はぁ?何か文句でも?」と思ってしまったりします。でも、こういう車の好き嫌いは、相手女性の価値観などを推測する絶好の踏み絵になりうると思うのです。以下、自分の過去の経験より得た、車の好みによる女性のタイプの推察です。当たっていなくても苦情はご遠慮ください(笑)

スポンサーリンク

【高級車が嫌い】
高級車に対して否定的な女性というのは、基本的には堅実だったり倹約家で、車に対しての価値観が低いと言えるかと思います。分相応の車に乗るべき、なんていう言い方もするかもしれませんね。こういったタイプは、基本的に車好きの男性には絶対向きません。

また、ヘタをすると「男のロマン」的な考え方も全否定な可能性が高いと思います。その女性の為なら全てを犠牲にできるという覚悟があるならともかく、そうでないなら絶対避けるべき相手だと思います。二人の将来を考えているからこそ、という考え方もあるかもしれませんが、間違いなく車好きの男性は苦労を強いられるでしょう・・・。

アストンマーティン DBS ヴォランテ

photo credit: Exotic | Exposure Aston Martin DBS Volante via photopin (license)

【オープンカーが嫌い】
オープンカーが嫌いな理由として主に挙がるものは、「目立つ」「ナルシストっぽい」「髪が乱れる」「実用性が低い」などかと思われます。そういった点から推察するに、オープンカーを嫌う女性は、あまり自分に自信が無いタイプが多いのではないでしょうか。また髪が乱れるというのも「我慢してまでオシャレはしない」、という事の表れだと思います。

実際、街中でオープンカーに乗っている女性を見ていると、これは証明されると思います。大変失礼な物言いではありますが、オープンカーに颯爽と乗っている女性で、見た目が「並以下」という方を私は過去にほとんど見た記憶がありません。ただ、逆にオープン大好き女性がいたら、かなり自分に自信がある証拠だと思いますので、むしろ相手にいいようにあしらわれないようにご注意を。

【スポーツカーが嫌い】
これは、基本的にオープンカー嫌いと同じ傾向だと思います。基本的には目立つ事が嫌という理由ではないでしょうか。ただし、ランボルギーニなどに乗っていると、水商売系のお姉さん方には大人気でモテモテという噂です。

【軽自動車が嫌い】
これは、先に挙げた3つのタイプとは逆のタイプになろうかと思います。ただ、都市部と地方部での軽自動車(乗用)保有率には凄まじい格差があり、東京都では人口100人当たり3.55台の保有に対し、沖縄では人口100人当たり30台の保有と、実に8倍以上の差があります。したがって、都市部と地方部ではその価値観にはかなりの差があることが考えられます。

東京では軽自動車に乗っていない事が恐らく普通なので、「軽自動車は無し」という考えはごく普通の感覚と言えるかと思いますが、地方部で「軽自動車は無し」という女性の場合は、上昇志向が強いか、特定の嗜好を持った車好きの可能性が高いかもしれません。上昇志向が強いという点では、高級車が好きな女性もまず間違いなくそうですね。

以上、今回は車の好き嫌いによる、女性のタイプについて推察してみましたが、納得いただける部分はありましたでしょうか。「車でモテる」というところからは少々違ってしまいますが、やはり車好きとしては、自分の好きな車を否定しない相手を探すというのが、一番の幸せにつながると思っています。

さて、ここまで少々話の内容があっちこっちに飛んで、まとまりが無くなってしまっている感がある本シリーズ記事ですが、後1~2回である程度のオチ(?)をつけたいと思っています。ぜひもう少しだけお付き合いいただければ幸いです。

【車でモテるをマジメに考える①】今時、モテる車なんてあるの?
【車でモテるをマジメに考える②】好かれる車、嫌われる車ってどんな車?
【車でモテるをマジメに考える③】地域による車に対する価値観
【車でモテるをマジメに考える④】愛車や好みの車で相手の価値観を測る
【車でモテるをマジメに考える⑤】20代イマドキ女子に聞いてみた
【車でモテるをマジメに考える⑥】結論!車でモテる方法はこれだ!?

車の中でもスーパーカーを筆頭にスポーツ系や輸入車が特に大好きで、欲しいクルマは数え切れず。残りの人生であとどれくらいの数の車に乗れるだろうかと考えると、色々と悩みが尽きません・・・。

【おススメ記事】

事故による車両破損(普通車) 1

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

マツダ CX-8 2

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

BMW 6シリーズ 640i グランクーペ 3

この度、ワタクシ中古車を購入いたしました。車選びに当たっては、大手中古車サイトを散々みたりした訳ですが、皆さんは中古車選びの際にどんな点を気にしますか? 距離や年式、修理歴なんていうのも中古車選びの条 ...

-エンターテインメント
-

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.