【スポンサーサイト】

ニュース

26年の歴史に終止符!ダッジバイパーが2017年8月で生産終了

更新日:

アメリカンマッスルを象徴するスポーツカーのひとつ、ダッジ バイパー。同車が2017年8月末をもって生産終了となることが正式にFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)USから発表されました。

現行モデルは2012年のニューヨークモーターショーで発表され、4世代目のモデルとなります。現在、世界的にも進んでいるエコとダウンサイジングのトレンドなどどこ吹く風で、一貫して大排気量エンジンを搭載してきました。

現行モデル「SRTバイパー」は、先代同様の排気量8.4リットルのV10エンジンを搭載し、最大出力は640ps、最大トルクは83kgmというパワーを発揮。そして、そのエンジンは0‐96km/h加速3秒以下、最高速は331km/h、0‐400m加速は11秒台半ばというスポーツカーとしてもトップクラスの性能を実現しています。

ダッジバイパー

photo credit: TransformersMan Rolex24 🙂 via photopin (license)

ダッジバイパー

photo credit: TransformersMan Rolex24 🙂 via photopin (license)

バイパーは、2017年モデルとして5種類の限定車を発表しましたが、あっという間に完売し、その限定車のラインオフが完了する8月末をもって、1991年の初代発売から続いた26年の歴史に幕を下ろすこととなります。ちなみに2代目のバイパーのデザインは日本人の鹿戸治さんという方が手掛けているそうです。

スポンサーリンク

世の中のエコ志向は今後も高まっていくと思われますが、こういったバカみたいな大排気量スポーツカーが消えていくのは、個人的にはなんだか寂しく感じます。こういった車に対して否定的な方も多いとは思いますが、こういう大排気量・大パワーの車にはエコカーにはない楽しさが間違いなくあります。

バイパー以外でアメリカンマッスルを代表するスポーツカーの1つ、シボレーコルベットは引き続き新型も発売され頑張っていますが、これからもダウンサイジングなんてことは気にせずに、今の路線でぜひ販売され続けて欲しいものです。

ダッジバイパー

photo credit: TransformersMan ViperHeaven via photopin (license)

ダッジバイパー

photo credit: TransformersMan ViperHeaven via photopin (license)

ダッジバイパー

photo credit: Eddy Clio DODGE VIPER SRT-10 COUPE via photopin (license)

ダッジバイパー

photo credit: FCA: Corporate 2016 Dodge Viper ACR via photopin (license)

ダッジバイパー

photo credit: TransformersMan ViperHeaven via photopin (license)

車の中でもスーパーカーを筆頭にスポーツ系や輸入車が特に大好きで、欲しいクルマは数え切れず。残りの人生であとどれくらいの数の車に乗れるだろうかと考えると、色々と悩みが尽きません・・・。

【おススメ記事】

BMW 640i グランクーペ & ポルシェ パナメーラ 1

先日、静岡県裾野市にある宿泊研修施設「帝人アカデミー富士」で車関係のお友達の皆さんと愛車の素敵な写真を撮影してきました。今回は、撮影してきた画像をフォトギャラリーにご紹介したいと思います。 有名なメタ ...

事故による車両破損(普通車) 2

昨今、盛んに言われるようになった自動車の安全性能。実際、どのような試験が行われているのか、また軽自動車と普通車の安全性能に違いはあるのかを見てみたいと思います。 安全性能試験はどのようなものがあるのか ...

マツダ CX-8 3

マツダのCX-5などの次世代クリーンディーゼル車の投入により、市場で確固たる地位を築いたディーゼル車。燃料費が安くて、燃費も良くて、力強い。 そんな魅力いっぱいのディーゼル車ですが、燃料としている軽油 ...

-ニュース
-,

Copyright© CarTrivia[カートリビア] , 2018 All Rights Reserved.